Menu

誰でも分かる東洋医学

Home

院長プロフィール

ただいま準備中です

東洋医学とは自然治癒力を引き出す手助けをする医学です。

東洋医学は非常に魅力的な医学です。
人体を「小宇宙」と考え、自然を「大宇宙」ととらえ自然の摂理を常に念頭に置き、自然に抗することは無意味であり、むしろ自然に順応することこそ賢策であると考えます。

東洋医学の根本は自然哲学の思想です。

人体には「自然治癒力」という「自然と治る力」が備わっています。

針や灸をするツボ療法や、つらい所には誰もが自然と手を当てる行為が「自然治癒力」を高める行為なのです。

「自然治癒力」で病気が治るのであり、「自然と治る力」を引き出すように手助けするのが東洋医学なのです。

そして全身のバランスを整える医学でもあります。

人間も「動く物」と書いて動物ですから 本来、動く事によって体のバランスを整えます。
しかし残念ながら現代人は一見便利な生活により、 動きの少ない日常生活を余儀なくさせられています。
それにより、様々な流れが滞り、時と場合によっては、 病名の付くような状態に陥ります。

そこで東洋医学ではツボという生命力を活性化させるポイントを 用いて、全身のバランスを整え自然治癒力を呼び起こします。
全身が良くなれば結果的に困っている部位も快癒します。


東洋医学の考え方について、表した言葉をご説明します。
動画の解説もぜひご覧下さい。

「上工(じょうこう)は未病を治す」

中国の古典では、「いまだならざるやまいをなおす」事こそ、上質な医療と考えます。

予防医学とは発病する前に治す上等な医療のことです。

喉が渇いてか慌てて井戸を掘るのではなく、準備をしておくという大切な考え方です。

今の医療は、具合が悪いところを診て投薬等を行う対処療法であることが多いと思いますが、
病気にならない身体へと導くことこそが、大切なのではないでしょうか。

「心身一如」

「心身一如」

心と身体は、分けることのできない、一つのモノです。

身体が元気になれば、心も前向きになります。
心が明るくなれば、身体も快方へ向かいます。

気持ちのいい治療が、
身体と心の両方を同時に癒します。

「病名や症状を 問わない」

「病名や症状を 問わない」

命ある限り、身体には自然治癒する力が存在します。

自然治癒力は、病名や症状を問いません。

治る力を引き出す作業が東洋医学です。

「エコ医療」

「エコ医療」

人間の身体には、すでに治る力が備わっています。

あるものを使わずに、無い無いと名医や特効薬を探し迷う。
見てる見てると言うが、いったい何を見ているのだろうか。

東洋医学は余計なものは何も使わない、
身体にあるものを感謝して使わせて頂く、
まさに究極のエコ医療なのです。

「子供は無邪気 楽 笑 遊 快」

「子供は無邪気 楽 笑 遊 快」

東洋医学は 気の医学です。
元気という、元(もと)の気。
病気という、病(やまい)の気。
邪気という、悪い気。

子供は無邪気。

楽しく 笑い 遊ぶ 快い生活で
病は必ず快方へ向きます。

「機が熟すのを 待つ」

「機が熟すのを 待つ」

回復には、時機を待たなければなりません。
常に、良くなる可能性も、悪くなる可能性も両方あります。

日常生活に東洋医学を取り入れ、
気持ちいい時間を過ごし
良くなる可能性を高めます。

「青い鳥」

「青い鳥」

外にあるのではなく、必ず内にあるものです。
目に見えないところに
大切なものが隠れています。


身体の中にある自然治癒力は、すでに治りたがっています。

動画でもご覧頂けます。

※動画はただ今準備中です※

  • 絵本で見る東洋医学1
  • 絵本で見る東洋医学2
  • 絵本で見る東洋医学3
  • 絵本で見る東洋医学4

今なぜ、東洋医学が見直されているのでしょうか?

私達が日常的に経験する不快な症状は、生活習慣を通じて起こる体の注意信号です。

①まず筋疲労や筋肉の継続的な緊張によりコリや痛みなどの異常感覚(不快感)を覚えま す。

②そして関節のズレや血管の収縮(血行障害)などがはじまり、コリや痛みが持続的になっ ていきます。すると、動きの制限(動きの悪さ)や、内臓の働きの低下など機能低下が起こ り、疲れやすい・食欲低下・不眠など、体調不良へと悪循環していきます。

③最終的に病名の付くような症状へと発症していきます。

そしてまた、良くなる過程は悪化した過程の逆方向をたどることになります。

①まず感覚の正常化(気持ちよい治療効果)

②機能の正常化(悪循環から善循環へ)

③疾患悪化の停止さらに回復

このような経過をたどりながら、体調は変化して行きます。

ここで大切な事は「気持のよさ」ということです。

病気が良くなることを「病が快方へ向く」と言います。

「気持のいい治療」を繰り返すことにより体が回復するということなのです。

当院では橋本敬三医師(1897~1993)により、東洋医学的な治療の研究と実証を積
み重ね確立された操体法をもとに東洋医学専門の施術をさせて頂いております。

症状と施術の解説

こんにちは。がくえんまえ鍼灸院です。

東洋医学で笑いの絶えない楽しい暮らしへ!

東洋医学で笑いの絶えない楽しい暮らしへ!

〒631-0004 奈良市登美ヶ丘2丁目1-10-2
近鉄奈良線「学園前」駅より徒歩25分(約2km)

Web割がお得!